バイアグラは勃起機能障害の人に有効

バイアグラが登場する前というのは精力剤は存在していましたが、勃起機能障害に対する極めて有効な手段は存在していませんでした。
そのためにバイアグラが登場した時には大きな注目を集めるようになったのも当然の成り行きでした。
それではそんなバイアグラはどのようにして勃起機能障害に対して有効であるのか、その仕組みについてを説明します。
まず、そもそも勃起はどのようにするのかについて理解をしておく必要がありますので、勃起についての説明を簡単にします。
勃起というのは説明するまでも無く、直接陰茎を物理的に刺激したり、あるいは視覚や聴覚で性的な情報を取得して性的な興奮をする事によって自然に起きますが、その際にはcGMPという物質によって血管が拡張されているからこそ勃起が起きるのです。
しかし、勃起したらそのままだと性行為を行っている時は良いかもしれないですが、日常生活を送る上では支障が出てしまいます。
実際にはそのような事にはならないですが、それはPDE5と呼ばれる酵素が陰茎の海綿体には存在しているからであり、この酵素がcGMPを分解しているのです。
つまり、勃起はcGMPとPDE5のバランスによって状態が変わると言えるのですが、バイアグラはPDE5の働きを阻害する効果があります。
PDE5の働きが阻害されれば、勃起を促すcGMPの働きが邪魔されにくくなり、cGMPの働きが抑制されにくいという事は勃起状態を持続しやすくなるのです。
これがバイアグラが勃起機能障害に対して有効である理由なのです。
ただし、説明を理解すると分かるように性的な興奮状態を作り出すわけでは無いので勃起したいのであれば性的な興奮状態を作る必要はあります。

バイアグラの最新投稿